管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

てまり『10等分の地割』の作り方

いくつかの花模様を作るには必須の地割です。

そして組み合わせ模様(手まりの表面に全体的に模様があるもの)

には2種類あり、8等分の組み合わせと

10等分の組み合わせがあります。

 

手の込んだ作品は10等分の組み合わせが多いですね。

どちらの方法を使っているかを見るには

5角形の部分があるか無いかで見分けられます。

 

そして10等分の組み合わせ模様をするためには

まず、今回の単純分割10等分が必須になってきます。

赤道を10分割する作業になります。

 

10等分の分割をする為には

円周の紙テープを切ったとき

必ずテープの長さを測っておいてください。

この長さがわからないと

この地割を作ることは不可能になります。

 

4等分の分割をして6等分を作るときと同じように

赤道の基準の待ち針とその向かい側の待ち針を残します。

あとの2本の待ち針は抜いてよいです。

 

赤道が2分割された状態になりますので

それを5分割を2回すれば10等分になります。

10等分の求め方は、紙テープの長さを1/10するだけです。

円周がもし32cmであれば、3.2cmの紙テープを用意して

それぞれが均等になるように待ち針を打ちます。

 

もし円周が32.7cmだった場合

計算上は3.27cmになりますが

3.2cmで行うか3.3cmで行うかがかなり迷うところです。

針の厚みがありますので3.2cmで行う場合が

私は多いです。

 

ここで1mmに悩むより

経験が重視されますので

結果的に10分割できればという感じですね。

針の打ち方(きつめに打つかゆるめに打つか)

これでも変わってきますので

その方の癖によって決まります。

 

経験的に言えば3.2cmでやってみて

どうしてもできない時、3.3cmでやってみる

そういう場合もあります。

 

Temari Lecture 16. Division 10.

 


にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com