てまり『水仙』の作り方

送信者 Narcissus
送信者 Narcissus
送信者 Narcissus

三つ羽亀甲というかがり方で

この手まりは作られます。

母の時は、土台色が『いろも』でしたので

青と決まっていました。

古い時代の手まりは

いろいろな事情で色の制約があったので

だいたい色使いは決まっていましたね。

上2枚は25番刺繍糸で作った作品ですが

3枚目の茶色土台の作品は

京手まり糸を使用しています。

独特の光沢があるのが特徴なのですが

個人的には好みでないので

最近では25番刺繍糸の使用が多いです。

独特の落ち着きのある雰囲気が

天然素材の糸にはあるので

私は好んで使用しています。

この三つ羽亀甲という模様。

大きな作品ですと空間処理に使われたり

境目に使われたりすることが多いのですが

慣れないと糸の運びが難しいと言われています。

ですので満足度と作りやすさ

これを考え、三つ羽亀甲の第1作は

上下同時で水仙を作っていただきます。

中心に六角形のステッチをする事で

その六角形にそって糸を渡していけば良いので

比較的覚えやすいです。

ここで十分に練習し

糸の流れをつかんでから次の作品にかかると

非常に作りやすいと思います。

この模様は正確な地割とステッチがあるから

きれいな六角形を作ることが出来ます。

地割がいびつだと六角形もいびつになりますので

そのあたりが基礎技術の試される場面になります。

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。


にほんブログ村

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *