てまり、6等分の地割 作り方

今回は6等分の地割の作り方を解説します。

 

前回の12等分から1本おきに待ち針を抜けば

6等分になるのですが

その方法ですと模様などに関係の無い地割糸が

手まりに残ってしまいます。

 

手まりを作るうえで、きれいに仕上げるコツは

不要な糸はかけない事になります。

そして必要な場所では確実に土台糸と地割糸をすくい

不必要な場所ではこれを行わないのが

きれいに仕上げるポイントになります。

 

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

 

次の作品は水仙を予定しています。

 

送信者 Narcissus
送信者 Narcissus

 

土台の色、花びらの色、帯の色

それぞれバランスよく色を選んでください。

 

花びらの糸は25番刺繍糸を使用する場合は

2カセ用意したほうが安心です。

 

 


にほんブログ村

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *