管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

てまり、基本の菊 の作り方

送信者 Chrysanthemum
送信者 Chrysanthemum

 

実は私はこの基本の菊はあまり好きではなく

ついつい上下同時の菊(2つの模様を同時にかがる)

こちらのほうが好みで

基本の菊のデータが少ないのです。

 

 

母は上下同時の菊は好みでなく

基本の菊のほうを好んでいましたね。

理由は、下側(南極側)の中央がどうしても綺麗に仕上がらない

手が逆になるので綺麗にできないといい

好みませんでした。

 

ただ基本の菊が理解できないと

上下同時の菊は難しいので

基本の菊をレッスンしてから

上下同時の菊に進んでいただきます。

 

 

また模様としては地割(分割)をどの分割でも良いのですが

基礎編の課題としては

すべての分割を覚えていただく

これを目的にカリキュラムを組んでいますので

その点もご理解ください。

 

もちろん、今まで行ってきた

8等分の分割でも問題ないのです。

手まりのサイズによっては

こちらのほうが綺麗にできる場合もありますし

花びらが太いほうが良いという理由で

8等分で作る方もいらっしゃいます。

 

レッスンとしてカリキュラムを組んでいますので

好き好きで別の分割でも作品を作ることは可能ですので

場面場面でいくつに分割するかは

レッスン終了後、お好きなように作るときに決めてください。

 

 

今回は土台の色は自由です。

 

送信者 Chrysanthemum
送信者 2015年、16年菊
送信者 2015年、16年菊

 

この2つの菊は土台の色が違うだけで

使用している糸はすべて同じものを使用しています。

 

色使いに決まりはありませんが

ピンク5色でグラデーション

アクセントカラーに黄色と緑

帯は緑の濃淡でまとめています。

 

あまり多くの色を使用すると

色の洪水(氾濫?)になってしまいますので

花の色を決め、グラデーションでまとめ

アクセントカラーを2色決め、その2色の片方を

濃淡でまとめる。

合計8色程度(小さい手まりでしたら5色)

このくらいにまとめたほうが、すっきりと仕上がります。

 

次回の課題作品で上下同時の菊を行う予定ですが

1つずつ花を仕上げる場合と

上下2個同時仕上げた作品との見極め方は

帯の部分を見るとわかります。

 

送信者 Chrysanthemum
送信者 2015年、16年菊

 

花びらの先端を見比べると糸の重なりが違ってきます。

ここを見ることでどのような手法で作られたかがわかります。

 

手まりと言えば菊模様とイメージされるほど

ポピュラーな模様です。

そして

 

菊に始まり菊に終わる

 

このように言われるほど奥が深い模様です。

 

 

私が子供のころはまだお年寄りで

手まりを作る方が何人かいらっしゃいましたので

手まりを作っている方がいるとお聞きすると

母と見せていただきに行きました。

 

多くの模様を作る方は少なく

菊だけを作っている方が多かったです。

 

 

母が最初に習った模様も菊でしたし

祖母が最初に習った模様も菊とききます。

それくらい基本的な模様ですので

好き嫌いはともかく

一度は手がけてほしい模様と思います。

 

 

最近、讃岐の手まりが脚光を浴び

あちらこちらで見ますが

多くの模様がこの基本の菊の変化形ですね。

作り手の好みもあると思いますが

手が込んだ模様なのに

菊の変化形というのも面白いと感じています。

 

Temari Lecture 10. Basic chrysanthemum.
TL10. How to make a basic chrysanthemum.

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません